DownLoad↓
GakSatoプロフィール
(1ページ)
moea_gak.pdf (221KB)

Gak Sato

ガク・サトウ
作曲・編曲・テルミン
1969年1月3日 東京生まれ
武蔵野美術短期大学空間演出デザイン専攻科卒業。
1993年、diet musicを結成。
1995年、U.F.O.プロデュースのコンピレーション "multidirection 2"に参加。かの香織、Zooなどのリミックスを手がける。
1996年、イタリアに移住。99年より10年に渡りRight Tempo Recordsのディレクター、アーティストとして活動。3枚のオリジナルアルバム、Easy Tempoシリーズで70年代のイタリアンシネジャズを集めたコンピレーションや、リイシュー、数々のリミックスを手がける。
近年はサウンドアートの分野やテルミン演奏家としても活動している。
メンズブランド[giuliano Fujiwara]ミラノコレクションのために制作したオリジナル サウンドトラック「gF」をリリース。

Gak Sato web site : http://www.gaksato.com
CD・レコード

■ソロアルバム
post-echo(1998)
Tangram(2001)
Exercises 1995-2001
informed consent(2006)

■企画アルバム
arbos luce(1998)
io,Aoi(1999)
furniture music "cosmossfera" vol.1,2,3(2006-2010)
gF "o.s.t. giuliano Fujiwara"(2011)

■コラボレーションアルバム
Expedition / Steve Piccolo,Luca Gemma & Gak Sato(2005)
The Boxman / CrowdofOne(2007)

■ゲストアルバム
Ovunque Proteggi / Vinicio Capossela(2006)
Fragrance of Notes / mama! milk(2008)

■Remixes
Piero Umiliani "Mah Na Mah Na","Lady Magnolia","Motore a Ioni", " Gadget"
Ennio Morricone "ある夕食のテーブルで"
Armando Trovajoli "Sessomatto", "Masquerade"
Lesiman "Messaggio"
Berto Pisano "To Jean"," Kill Them All!"
Kid Loco "Relax'n with Cherry "
東京スカパラダイスオーケストラ "Jazzie Speaks"
福富幸宏 "The Spinning Wheel"
Acoustic Dub Messengers "Sabara","Ham & Egg","ムギミニ ピチ","エリノラの休日"
Arkestra One "I Really Want You"
Mukka Makka "Trip Hopping in the planet drug"
Leo Cesari "La Beguine du Mac","Twist Drama"
Paine' "Sponteneous"
The Transistors "Mission on Venus","Spyderotica"
Club Montepulciano "Viva! Planet M"
Esquivel "Bye Bye Blues" 他



CF

Findus
Scotex
Heineken
Mover Card
Nike
Parmiggiano Reggiano
American Express
Aperol Soda
Persol 他



プロダクト

MUTECH 610 電話機 リングトーン 2002
MUTECH 830 電話機 保留音 2004
ALESSI PHONE 電話機 リングトーン 2009



WEB

マクドナルド「マックスマイルファクトリー」
NHK「クリエイティブライブラリー」
giuliano Fujiwara
市松



ミラノコレクションファッションショー選曲/制作

ミラ・ショーン
Byblos
Custo
Ter et Bantine
Giuliano Fujiwara 他